HTML/CSSで動画の操作を完全に禁止する方法【落とし穴】

HTMLで動画を表示・再生するには、videoタグを使います。

<video src="mp4/sample.mp4"></video>

また、再生/一時停止ボタンや再生バーの操作を可能にするためには、controlsを追加します。

<video src="mp4/sample.mp4" controls></video>

controlsを記述しなければ再生/一時停止ボタンや再生バーは表示されないため、動画の操作を禁止できているように思えます。
実際、動画の操作を禁止する方法としてこのように「controlsを記述しない」とだけ書いてあるサイトもあります。

しかし、これは落とし穴で、これだけでは簡単に操作できてしまうのです。。。

動画上で右クリックをすると、、、

なんと、「コントロールを表示」があるのです!

これを選択すると、あっさり再生/一時停止ボタンや再生バーが表示され、コントロール可能になってしまいます。

上のスクリーンショットを見てもわかるように、ループの可否なんかもユーザ側で制御できてしまいます。

コントロールを完全に禁止する方法

「右クリック→コントロールを表示」がされなければ良いので、右クリックを禁止してしまいましょう。

<video src="mp4/sample.mp4" oncontextmenu="return false;"></video>

これで右クリックが禁止されたので、「コントロールを表示」されることもなくなりました。
めでたしめでたし。

Web

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です