AIにも勝てる最強しりとりアプリ『 しりとり王 – AIにも勝てるしりとり攻略アプリ』

▼iOS版

《しりとり辞書の決定版》しりとりの最も優れた攻略法は、「る」攻めだと言われている。このアプリは「る」で終わる単語を約3200語収録し、どんな相手にも勝つことができるように作られたものである。人間相手のみならず、某SNSの女子高生AIにも圧勝できる実力を持つ。【しりとり王 の優れている点】・最強の文字「る」に注目し、約3200語もの「る」で終わる単語を収録。AIにも勝利できるほどの単語数。・しりとりでよく出現する文字にはより多くの単語を収録。しりとりに特化した辞書を実現した。・友達と遊ぶ時にも… >> 詳しくはこちら
Powered by Pictman Web Tool

▼Android版

《しりとり辞書の決定版》しりとりの最も優れた攻略法は、「る」攻めだと言われている。このアプリは「る」で終わる単語を約3200語収録し、どんな相手にも勝つことができるように作られたものである。人間相手のみならず、某SNSの女子高生AIにも圧勝できる実力を持つ。【しりとり王 の優れている点】・最強の文字「る」に注目し、約3200語もの「る」で終わる単語を収録。AIにも勝利できるほどの単語数。・しりとりでよく出現する文字にはより多くの単語を収録。しりとりに特化した辞書を実現した。・友達と遊ぶ時にも… >> 詳しくはこちら
Powered by Pictman Web Tool

しりとり王の概要

しりとりでは、「る」終わる単語を返し続ける「る攻め」が一番強い戦法です。
(根拠はアプリ内に書いてあります!)

その「る攻め」をひたすらし続けることを可能にしたのがこの「しりとり王」というアプリ。
なんと「る」で終わる言葉が約3200語(2018/2/1時点)も収録されています。

この語彙力を使えばLINEのAI女子高生「りんな」とのしりとり対決にも圧勝することができます。

これはりんなに勝った時点での、しりとり王に収録されている単語の使用率を表したグラフなのですが・・・

オレンジが使用した単語で、青がまだ残っている単語です。
まだまだ余裕があることがわかりますね。まさに圧勝です。

しりとり王の魅力

しりとり王にはしりとりに特化した魅力がたくさんあります。

まず、しりとりで出てくる頻度の高い単語を重点的に収録していること。

どういうことかというと、例えば「ぞ」の場合。
先ほどのグラフを見てもらうとわかるのですが、「ぞ」で始まる単語はあまり多くは収録されていません。(といっても10個以上ありますが。)

これはしりとりにおいて「ぞ」から始まる単語を言う機会がほとんどないからです。
「ぞ」で終わる単語なんてそうそう思いつきません。
しかもこちらが「る攻め」をしているとなると「る」で始まって「ぞ」で終わる単語に限定されるので、それが10個もあるとは到底思えないですよね(笑)

それに対して、「く」を見てもらうと80個以上の単語が収録されています。
これは「る攻め」をしていても「く」で返ってくる頻度が高いためです。
パッと思いつくだけでも「ルーク」「ルクセンブルク」「ルールブック」「ルービック」など。
実際にりんなも50個以上の「く」で終わる単語を返していますよね。

このように危険度の高い文字ほど、多くの単語が収録されているのです。

そういう点で一番すごいのがグラフを見ても一目瞭然の「る」。

「る攻め」で一番怖いのが「る攻め返し」です。
「ルール」って返ってくるアレです。

この「る攻め返し」に確実に対応できるよう、「る」で始まって「る」で終わる単語に関してはなんと100個以上収録されています。
絶対に「る攻め」の主導権は取られないであろうこの安心感。

こんな感じで、しりとりに特化した収録単語になっているのです。

次の魅力は、単語が使いやすい順に並べられているということ。
これ結構重要なことです。

例えば「あ」で始まる単語を収録順に挙げてみると、
「アヒル」「青汁」「アルミホイル」「アイドル」・・・
となります。

そして最後の方に収録されているのは
・・・「アクラシエル」「アンブリエル」「アザレル」「アケルナル」
です。

AI相手にしりとりするときには別にどちらでもいいのですが、友達とかとしりとりするときに「アザレル」「アケルナル」なんて言っても通じないですよね。

そうならないよう、単語は使いやすい順に並べられているのです。
この機能はかなり使い勝手のいい機能ではないでしょうか。

ちなみに使いやすい順以外にも辞書順(五十音順)とか単語の長さ順とかに並び替えることもできます。

他の魅力としては、使った単語とまだ使ってない単語を区別できること。

これほど膨大な単語数だと使った単語と使ってない単語が分からなくなりそうですが、そこはしっかり配慮済み。

単語のパネルをタップするとそのパネルの色が暗くなるので、使った単語はタップしておけば一目でわかります。

さらにバージョン1.1から追加された機能「単語登録申請機能」も魅力のひとつ。
もしまだ収録されていない単語を見つけた場合、タイトル画面の「単語登録申請」ボタンから単語の登録申請をすれば、運営の審査後すぐに収録されます。(早い時は1時間ぐらいで反映されます。)

自分も辞書を作る一員になれるのです。

AppStoreの説明

《しりとり辞書の決定版》

しりとりの最も優れた攻略法は、「る」攻めだと言われている。

このアプリは「る」で終わる単語を約3200語収録し、どんな相手にも勝つことができるように作られたものである。

人間相手のみならず、某SNSの女子高生AIにも圧勝できる実力を持つ。

【しりとり王 の優れている点】
・最強の文字「る」に注目し、約3200語もの「る」で終わる単語を収録。AIにも勝利できるほどの単語数。

・しりとりでよく出現する文字にはより多くの単語を収録。しりとりに特化した辞書を実現した。

・友達と遊ぶ時にも楽しめるよう、「使いやすい順」で単語を表示した。誰もが知っているような単語を上のほうに、誰も知らないような難しい単語を下のほうに表示。

・もちろん五十音順や文字数順にも並び変えることが可能。

・使った単語はタップすることで暗転させることができる。使った単語を覚えていなくても、2回使ってしまう心配がなくなる。

・「る」が一番強いという根拠や、効率的な単語の覚え方も収録。

【バージョン1.1.0より追加された主な新機能】
・単語登録申請機能により、ユーザーが自ら単語を収録可能に。アップデートを待たなくても随時単語が追加されていく最強の辞書が完成。

・「る」で終わる単語だけでなく、「るー」で終わる単語も一部追加。

【バージョン1.2.0より追加された新機能】
・新たに追加された単語を表示

▼iOS版

Powered by Pictman Web Tool

▼Android版

Powered by Pictman Web Tool

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です