UVテクスチャペイントで変な柄のブラシになる時の対処法

BlenderのUVテクスチャペイント中に、なぜか変な柄のブラシになってしまったのでその時に元のブラシに戻す方法。

こんな感じになってしまいました。
おそらくペイントした柄(画像)がブラシの柄になってしまったのだと思われます。
(何故こうなったかはよくわからない)

元のブラシに戻す方法としては、まず「ツール」タブの「ブラシ」を確認します。

変な柄になってしまう場合、ブラシの種類が「TexDraw」になっているはずです。

もし「TexDraw」のほかに「F Brush」というブラシがあればそれを選択することで元の一般的なブラシに戻すことができます。

「F Brush」がない場合は、一度ブラシをリセットすることでデフォルトのブラシを復元することができます。

この画像の一番右にある ×ボタンを押します。

するとブラシの画像が出てきて、その下に「新規」というボタンが表示されると思うので、それをクリック。
これでブラシがデフォルトの状態に戻り、「F Brush」が出てきたと思います。

「F Brush」を選択した状態でテクスチャペイントをすると、いつものブラシに戻っているはずです。

普段あんまりテクスチャペイントをしないので詳しいことはよくわからないのですが、調べても原因や解決方法が出てこなかった(というか多分ある程度慣れている人ならば調べるほどのことでもないんだと思う)ので、備忘録として書いておきます。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です