UnityエディタでわざとFPS(フレームレート)を落とす方法

デバッグ目的でわざとFPS(フレームレート)を落としたい状況になり、その方法メモ。

 

Application.targetFrameRate を使う

Application.targetFrameRate というものがありました。

公式ドキュメント↓
https://docs.unity3d.com/jp/460/ScriptReference/Application-targetFrameRate.html

スクリプト内でこの値を低くセットすれば、フレームレートが下がります。
 

Application.targetFrameRate = 30;

Unityエディタでは追加設定が必要

ビルドしたものは上記でフレームレートが下がるようです。(未検証)
 
しかし、Unityエディタでは少し別の設定を変更しなければならないようです。
今回は特にデバッグ目的でフレームレートを落としたかったので、Unityエディタ上でフレームレートを落としたい状況でした。
 

Editor > ProjectSettings > Quality > Other > VSync Count
の値をDon’t Syncにしておく必要があります。
 

これでUnityエディタ上でもフレームレートを落とすことができました。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です