PHPのエラーログを表示する方法【Mac, Win共通】

PHPを触り始めたのですが、エラーログがデフォルトでは表示されず困ったので表示する方法をまとめました。

php.iniのdisplay_errorsをOnにしても表示されない

PHPのエラーログ表示方法で検索してみると、
php.iniというファイルの「display_errors」の値をOnにすると表示される
と書かれていました。

しかし、使用しているPHPバージョンのディレクトリ内にあるphp.iniのdisplay_errorsをOn変更しても、エラーログは表示されませんでした。

ついでにその下の「display_startup_errors」という項目もOnにしてみたのですが、変わらず。

もちろんMAMP(WndowsはXAMPP)を再起動してみても同じです。

変更するphp.iniファイルが違った

どうやらphp.iniファイルは複数あるようで、変更すべきphp.iniファイルが違ったようです。

変更するphp.iniファイルの場所を調べるためには、まず以下のコードを記述した.phpファイルを作成し、実行(ブラウザで表示)します。


<?php
phpinfo();
?>

すると使用しているPHPの情報がブラウザに表示されるので、その中の「Configure Command」にある
‘–with-config-file-path’という値を見つけます。

'--with-config-file-path=/Applications/MAMP/bin/php/php7.3.7/conf'

のように表示されているので、このパスのディレクトリ内にあるphp.iniを開き、display_errorsの値をOnにします。

その後、MAMPやXAMPPを再起動。

これでブラウザ上にエラーが表示されるようになりました。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です