Slackのワークスペースが突然消えた原因と復元方法

普段Slackを利用することが多く、複数のワークスペースに複数のメールアドレス(アカウント)で入っているのですが、突然入っていたワークスペースが消えていくという謎の現象が起こりました。

そのときの原因と思われることと、復元した方法について紹介します。

ワークスペースが消えた原因

ワークスペースが消えた原因は、登録しているメールアドレスの本人確認が再度必要になったためのようでした。

なぜ急に本人確認がまた必要になったのか?とは思ったのですが。

おそらくSlackの利用規約やプライバシーポリシーがいつの間にか改定されていたか、
もしくは最近契約終了した会社のワークスペースから外されたので、それがトリガーになったのかもしれません。

復元方法

原因がわかったので、メールアドレスを再登録すれば復元できるだろうと考えました。

結果、無事復元しました。

具体的な方法ですが、今回はiOSアプリ版のSlackでこの現象が起こったので、iOSアプリ版の方法を書きます。

パソコン版でもほぼ同じだと思うので、適宜読み替えてください。

まず、画面左端を右へスライドしてワークスペース一覧を表示させます。

一番下に「ワークスペースを追加」という部分があるので、そこをタップ。

下の方に「他のワークスペースにサインインする」という項目があるので、そこをタップ。

そして、「別のメールアドレスを使用して…」をタップ。

あとは消えたワークスペースで使っていたメールアドレスを入力して、流れに沿って本人確認を行えば、復元されました!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です