Chromeで更新が反映されない時の対処法

Webページ制作をしている際、HTMLやCSSを変更・保存してサーバにアップロードしても、Chromeで開いてみると何も変わっていないという状況になったのでその時の解決方法。

原因

原因はChromeのキャッシュ

Chrome(というか多分全てのブラウザ)では、ページの読み込みを早くするために、一度訪れたページを「キャッシュ」として保存しています。

つまり、何度Chromeで更新しても、変更前に保存されたキャッシュの情報をもとにWebページを表示してしまうため変更が反映されないのです。

解決方法

Chromeのキャッシュを削除することで解決できます。

まず、Chromeの「閲覧履歴を消去」をクリック。

環境設定ページに遷移するので、そこで「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れ、「データを消去」をクリック。

「キャッシュされた画像とファイル」以外の項目は任意で選択してください。
もし閲覧履歴やクッキーを消したくない場合、もしくはよくわからない!という場合は「キャッシュされた画像とファイル」だけにチェックを入れておけば大丈夫です。

これでページを更新すれば、変更が反映されているはず。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です