【意外と知らない】LaTeXでダブルクォーテーションを入力するときのポイント

LaTeXでは普通に「”」でダブルクォーテーションを入力することもできます。

しかし、不自然な余白ができてしまいます。

開きダブルクォーテーションは「`」を2回、閉じダブルクォーテーションは「’(シングルクォーテーション)」を2回入力することで、綺麗にダブルクォーテーションを表示させることができます。

論文の参考文献などではダブルクォーテーションを多用するので、この方法は是非覚えておくべき。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です