Unityに.keystoreをアップロードしたいのに.jksしかないとき

以前リリースしたUnity製のAndroidアプリをアップデートしようとした時、以前のkeystoreファイルを紛失してしまったことに気づきました。

Androidアプリではkeystoreファイルをなくしてしまうと、アップデートができなくなってしまいます。

しかし、2年ほど前に発表された「Google Play App Signing」を設定していたおかげで、紛失しても所定の手続きをとればkeystoreファイルを再発行・再登録してアップデートができました。

しかし、、、

.jksファイルとかいう知らんファイルができた

送られてきたメールの手順通りに進めていくと、.pemファイルと.jksファイルが作成されます。

.pemファイルはメールに返信する際に添付し、担当の方に登録してもらいます。

ここまでは良かったのですが、Unityでビルドする際

「あれ、.keystoreファイルなくね?」

となりました。

.jksと.keystoreは同じ

調べてみると、.jksファイルと.keystoreファイルは同じようなもの(拡張子が異なるだけ?)のようなので、.jksファイルの拡張子を.keystoreにするだけで大丈夫そうです。

実際に.keystoreに拡張子を変更してUnityのPlayerSettingsで設定し、ビルドしたapkをGooglePlayConsoleにアップロードすると、無事できました。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です